【浅煎り】コロンビア/ラ・ミエル ハニー・アナエロビック 2021COE#8

豆のまま
粉/中挽き(ペーパーフィルター用)
粉/その他(備考欄記入)
販売価格
2,160円(税込)
購入数

商品説明

コロンビア/ラ・ミエル ハニー・アナエロビック
【生産国】コロンビア共和国
【地域】ウィラ サン・アグスティン
【農園】ラ・ミエル
【標高】1,720m
【生産処理】ハニー・アナエロビック
【品種】ブルボン・ロサド(ピンクブルボン)

このコーヒーについて
2021年コロンビア カップ・オブ・エクセレンスにおいて、8位に入賞したコーヒーをご紹介します。
猿田彦珈琲は、このコーヒーを単独落札いたしました。

畑の名前「ラ・ミエル」は、スペイン語で「ハチミツ」という意味です。
生産者のミゲル氏は、スペシャルティコーヒーを10年にわたって生産しているコーヒー生産者一家の2代目です。
5年前からはコロンビアのさまざまな地域の生産者のための輸出業者および研究センターによる、「Colors of Nature」というプロジェクトに参加しています。
そこで、自分たちのコーヒーの生産処理を改善するトレーニングを受けたそうです。
このプロジェクトに参加し、スペシャルティコーヒー生産に取り組む彼の動機は、同じ分野で働いている他の専門家に会う機会、彼のコミュニティに利益をもたらす機会、そして彼がコーヒーによって得ることができるより良い収入のためでした。

最大の課題としては、スペシャルティコーヒー市場で受け入れられている品種の市場の理解でした。
現在ブルボン・ロサド(ピンクブルボン)、カトゥーラ、ティピカを栽培していて、さらに大きくしていく計画があります。

2021年でCOEへの出品は2回目、今回が初めての入賞になったそうです。

■ブルボン・ロサドについて■
ピンク・ブルボンとも呼ばれる、ピンク色に熟す希少な品種です。
ブルボン種どうしの交配種で、レッドブルボンとイエローブルボンの交配種といわれています。

■アナエロビック(嫌気性発酵)プロセスについて■
通常の生産処理で起きる発酵は、酸素がある環境で活動する微生物(好気性微生物)によって起きています。
これを酸素のない環境で行うことで、酸素のない環境で活動する微生物(嫌気性微生物)
による発酵を行うのが嫌気性発酵によるコーヒーの生産処理です。
活動する微生物が異なるので発酵の副産物も違うものになり、
その結果コーヒーのフレーバープロファイルも通常の生産処理とは変わったものになります。
密閉し酸素を取り除かなければならないので、設備のコストはかかりますが、
近年先進的な生産者によって取り組まれています。

テイスティングプロファイル
TROPICAL FRUIT
HONEY

フレッシュなトロピカルフルーツ
濃密なはちみつの甘さ

商品情報
【内容量】100g(約4-6杯分です)
【焙煎度合い】浅煎り
【取扱店舗】全店、オンラインショップ

おいしい淹れ方はこちら!

□保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
□使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がりください。
□コーヒーは粉砕しますと風味が落ちます。出来る限り飲む直前にお挽きすることをおススメします。
コーヒーミルをお持ちではない方はこちらの商品もご確認ください
□焙煎量により発送が遅れる場合があります(1〜2日)


ご購入者様のお声

※レビュー機能のテスト中につき、投稿いただきましても公開までお時間をいただきます
レビューを投稿する






オススメ商品

売れ筋商品

挽き目
豆のまま
粉/中挽き(ペーパーフィルター用)
粉/その他(備考欄記入)
猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。

>