【中煎り】ハワイ/コナ ノエラニ・ファーム 2021オークション#15

豆のまま
粉/中挽き(ペーパーフィルター用)
粉/その他(備考欄記入)
販売価格
2,000円(税込)
購入数

商品説明

ハワイ/コナ ノエラニ・ファーム
【生産国】アメリカ合衆国
【地域】ハワイ州 ハワイ島 コナ
【農園】ノエラニ・ファーム
【標高】762m
【生産処理】アナエロビック(イースト発酵ウォッシュト)
【品種】K7

このコーヒーについて
アイラ・カスタム・コーヒーズとエース(ACE:Alliance for Coffee Excellence)が提携した
2021年コーヒーオークションにて15位に入賞したコーヒーをご紹介します。
猿田彦珈琲はこのコーヒーを単独落札いたしました。

ホルアロア地区に位置するノエラニコーヒーファームは、コナ地区で最も標高の高い農場の1つです。
この農園のオーナーは、2018年にコナティピカの木と思われるものを2エーカー植えました。
現在ノエラニファームのマネージャーであるコナファームダイレクトのクレイグ・リー氏は、2020年に1エーカーのK7品種を追加しました。
最近、ノエラニの元の植栽は、ワールドコーヒーリサーチによって、TypicaではなくK7として遺伝的に識別されているそうです。

このロットは2000年12月9日に手摘みで収穫されました。
クレイグ氏はこのコーヒーをコナファームダイレクトのウェットミルで果肉除去しています。
トロピカルフルーツと柑橘系のフレーバーを生み出すために、アイラ・カスタム・コーヒーズのミゲル・メザ氏が選択したワイン酵母を加えています。
嫌気性環境で発酵させた後、コーヒーは最初に屋根付きの屋上パティオ、そのあとクレイグ氏開発の機械式乾燥機で仕上げられています。

■イースト発酵について■
このロットは手摘みしたコーヒーをパルパーで果肉除去した後、ワイン酵母を用いた発酵が行われています。

■嫌気性発酵について■
通常の生産処理で起きる発酵は、酸素がある環境で活動する微生物(好気性微生物)によって起きています。
これを酸素のない環境で行うことで、酸素のない環境で活動する微生物(嫌気性微生物)
による発酵を行うのが嫌気性発酵によるコーヒーの生産処理です。
活動する微生物が異なるので発酵の副産物も違うものになり、
その結果コーヒーのフレーバープロファイルも通常の生産処理とは変わったものになります。
密閉し酸素を取り除かなければならないので、設備のコストはかかりますが、
近年先進的な生産者によって取り組まれています。

■K7について■
K7はかつてのケニア、スコット・ラボラトリーによって、フレンチミッション・ブルボンの中から選抜された1品種です。
当時は明らかなサビ病耐性とCBD(コーヒーベリーディジーズ)耐性が見出されて広まりましたが、現在はサビ病耐性はそれほど高くないと見られています。

テイスティングプロファイル
ROSE
RED CURRANT

華やかなローズの香り
ジューシーで甘いレッドカラント

商品情報
【内容量】100g(約4-6杯分です)
【焙煎度合い】中煎り
【取扱店舗】全店、オンラインショップ

おいしい淹れ方はこちら!

□保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
□使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がりください。
□コーヒーは粉砕しますと風味が落ちます。出来る限り飲む直前にお挽きすることをおススメします。
コーヒーミルをお持ちではない方はこちらの商品もご確認ください
□焙煎量により発送が遅れる場合があります(1〜2日)


ご購入者様のお声

※レビュー機能のテスト中につき、投稿いただきましても公開までお時間をいただきます
レビューを投稿する






オススメ商品

売れ筋商品

挽き目
豆のまま
粉/中挽き(ペーパーフィルター用)
粉/その他(備考欄記入)
猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。

>