【中煎り】エルサルバドル/ラ・エスペランサ ベルナルディーナ ハニー 2020NW

豆のまま
粉/中挽き(ペーパーフィルター用)
粉/その他(備考欄記入)
購入数
売り切れ

商品説明

エルサルバドル/ラ・エスペランサ ベルナルディーナ ハニー 2020NW
【生産国】エルサルバドル共和国
【地域】サンタ・アナ エル・ポルベニール
【農園】ラ・エスペランサ
【標高】1,200m
【生産処理】ハニープロセス
【品種】ベルナルディーナ

このコーヒーについて
2020エルサルバドルカップ・オブ・エクセレンスの、ナショナルウィナー単独落札ロットをご紹介いたします。

ラ・エスペランサ農園は、2019年カップ・オブ・エクセレンスで3位に入賞した実績があります。
息をのむようなとても美しい風景の農園で、コーヒーの木は1,000m〜1600mのところに植えられています。
農園をいくつかの区画(タブロンと呼んでいます)に分けていて、パカス、レッドブルボン、パカマラ、オレンジブルボン、ケニア、エチオピア在来種、モカ、そしてベルナルディーナを栽培しています。
畑の最上部の9ヘクタールの区域は完全に手つかずで残してあるそうで、多くの動植物の生息地になっており、この地域の生物多様性に貢献しています。

現在のオーナーのアルフレド氏は、この農園を2010年に前の所有者から購入しています。
もともとコーヒー栽培について深く理解していたそうで、それが前の所有者との合意の決め手になったそうです。
エスペランサとはスペイン語で「希望」を意味する言葉で、農園マネージャーのルーペ氏は多くの従業員に支えられ希望をもってエスペランサ農園を管理しています。

【ベルナルディーナについて】
今のところ、このエスペランサ農園でのみ栽培される品種です。
もともと畑で働く従業員の「他の木とは違う匂いの実をつける木がある」という発見から、当時5本あったその木のチェリーだけでロットを作ってみたそうです。
その結果素晴らしい風味であることがわかり、発見した従業員の名前にちなんで「ベルナルディーナ」と名付けられました。
しばらくの間は畑を訪れたバイヤーへのお土産として渡していたそうですが、その後に起きたゲイシャブームを受け、「このコーヒーはゲイシャでないか」という問合をあるバイヤーから受け取るに至ります。
コーヒーに詳しい人物を畑に招いて見てもらったところ、ゲイシャの特徴とは一致しませんでしたが、遺伝子検査をしたところ興味深いことがわかります。
遺伝子の70%はゲイシャ、30%はあるエチオピア在来種のものと合致したそうです。
ただ、この時点で最も古い木の樹齢は70年を超えており、この時の70年前にゲイシャおよびエチオピア在来種がエルサルバドルに持ち込まれた公的な記録が存在しないとのことで、なぜこの畑にそのような遺伝子を持つコーヒーの木があるのかは謎のままとなっています。

【ハニープロセスについて】
コスタリカで生まれた生産処理方法ですが、ブラジルで行われるパルプトナチュラルと基本は同じです。
コーヒーチェリーから機械を使って果皮・果肉を除去したのち、乾燥させる方法のことをいいます。
生豆を覆う殻(パーチメント)には粘液質が付着したままになりますが、これにより水洗式とは違う風味の傾向を生むため、コスタリカ以外の中米の産地でも取り組む生産者がいます。
パルプトナチュラル(ハニープロセス)について詳しくはこちら:https://shop.sarutahiko.co/?mode=f38

テイスティングプロファイル
ELDER FOWER
MUSCUT
LEMON TEA

清楚で可憐なエルダーフラワー
マスカットやレモンティーの爽やかな後味

商品情報
【内容量】100g(100gあたり約5-7杯分です)
【焙煎度合い】中煎り
【取扱店舗】全店、オンラインショップ

おいしい淹れ方はこちら!

□保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
□使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がりください。
□コーヒーは粉砕しますと風味が落ちます。出来る限り飲む直前にお挽きすることをおススメします。
コーヒーミルをお持ちではない方はこちらの商品もご確認ください
□焙煎量により発送が遅れる場合があります(1〜2日)


オススメ商品

売れ筋商品

挽き目
豆のまま
粉/中挽き(ペーパーフィルター用)
粉/その他(備考欄記入)
猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。

>