インドネシア/マンデリン リントン

販売価格
900円(税込972円)
挽き目
購入数

商品説明

インドネシア/マンデリン リントン
【生産国】インドネシア共和国
【地域】スマトラ島 北スマトラ州リントンニフタ/ドロッサングール
【標高】1,250〜1,350m
【ロット名】 ソフィー
【生産処理】スマトラ式/天日乾燥

このコーヒーについて
インドネシア、スマトラ島のコーヒーは伝統的に19世紀末にジャワ島からコーヒーが伝播した地域に暮らしていた民族の名前から「マンデリン」と呼びならわされてきました。
のちにサビ病の影響で高原地域にアラビカ種の栽培地域を映しましたがそれがトバ湖の周辺地域リントンだったことから、この地域の品種には古くから残っているものが多いといわれます。
トバ湖はカルデラ湖であり、火山活動の影響から周辺の土壌はコーヒー栽培に最適なものとなっています。

生産処理の「スマトラ式」とは、乾燥が半分程度終わったところでパーチメントを除去し、仕上げの乾燥を行う、インドネシアで考えられた生産処理です。
コーヒーを乾燥させる時期に雨が降りやすく、乾燥にかかる時間を短くするために考えられた乾燥方法で、この乾燥方法によって深い緑色になった生豆には、独特のフレーバーが備わります。
「アーシー(良い意味で土のような)」「スパイシー」「スモーキー(煙ではなく、ウィスキーにあるようなスモーキー)」といったフレーバーは、あまりほかの生産国のコーヒーには感じられません。

ロット名の「ソフィー」は“sophisticated:洗練された”からとって名付けられました。
この地域のコーヒーを買い付けた生豆会社によってカップクオリティや欠点数によって厳選されたコーヒーで作られました。
原料豆は高温多湿な環境で品質が劣化しないよう25℃前後に温度を整えた定温倉庫に保管され、比重選別・サイズ選別を経て仕上げにインドネシアの輸出規格よりも厳しい基準で手選別を行っています。

ユニークなプロセスによって生まれたユニークなフレーバーを、ぜひこの機会にお楽しみください。

ロースターからのメッセージ
特有のアーシーさが他のコーヒーにはないエキゾチックな印象を与えるインドネシアの深煎りシングルオリジンです。
艶やかなカラメル感とともに、チョコレートや黒蜜の甘さ、ブルーベリージャムを感じます。
ハーブやスパイスの香りがほのかに清涼感を感じさせる、とても立体感のある味わいです。
ベルベットのように滑らかな質感とともにぜひお楽しみ下さい。

テイスティングプロファイル
EARTHY
BITTER CARAMEL
BLUEBERRY
MINT
VELVETY

商品情報
【内容量】100g(100gあたり約5-7杯分です)
【焙煎度合い】深煎り
【取扱店舗】全店、オンラインショップ

おいしい淹れ方はこちら!

□保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
□使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がりください。
□コーヒーは粉砕しますと風味が落ちます。出来る限り飲む直前にお挽きすることをおススメします。
コーヒーミルをお持ちではない方はこちらの商品もご確認ください
□焙煎量により発送が遅れる場合があります(1〜2日)

オススメ商品

売れ筋商品

猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。