エチオピア / コラ・ボルチャ

豆のまま
中挽き
その他(備考欄記入)
販売価格
920円(税込993円)
購入数

商品説明

Ethiopia/Kolla Bolcha
花々の香り豊かな浅煎りシングルオリジン。
花のブーケ、キャンディ、ルビーグレープフルーツのフレーバー。
シロップのように滑らかな口当たり。
DATA
【生産国】エチオピア連邦民主共和国
【地域】オロミア州 ジンマ アガロ・ゲラ
【生産処理場】コラ・ボルチャ ウォッシングステーション
【標高】1,900〜2,200m
【生産処理】フリィウォッシュト/アフリカンベッド
【品種】エチオピア在来種
ABOUT
エチオピアではそれぞれの生産者の規模は非常に小さく、生産者組合が管理する、ステーションと呼ばれる生産処理場に各生産者が自分のコーヒーチェリーを持ち込むのが一般的です。
コラ・ボルチャ・ウォッシングステーションはエチオピア西部のアガロ地域に位置します。
このアガロ地域は、エチオピアのコーヒー生産エリアの中ではジンマ地域に含まれます。
10年前まではアガロ地域のコーヒーは識別もされず、過小評価された状態で市場へと流れていました。
しかし、アフリカのコーヒー生産者たちの暮らしを改善することを目的としたUSAID(米国国際開発庁)のプロジェクトでこの地域に新しい生産処理設備が設けられると、アガロのコーヒーが本来持っていた個性を発揮できるようになりました。
コラ・ボルチャ・ウォッシングステーションを運営するカタ・ムドゥガ生産者協同組合は、生産者たちの収入を持続可能な方法で増やし、彼らの暮らしを経済的に変えることを使命として活動しています。

エチオピアのコーヒーの魅力は、何よりも「原種の故郷で、原種に近い品種が栽培されている」ことから生まれているといえるでしょう。
世界中に広がったコーヒーの産地は「コーヒーベルト」とも呼ばれ、赤道を挟んだ南北回帰線の間の高標高地域に集中しています。
これは実は、昔の人たちがオリジナルであるエチオピアに近い環境を探し求めた結果でもあるのです。
そしてエチオピアで栽培されている「エチオピア在来種」といわれる、品種名で管理されていない野生に近い品種の数々は遺伝的多様性に富み、そのフレーバーは世界中のコーヒー好きに愛されています。

コーヒーの故郷ならではのユニークなフレーバーを、ぜひお楽しみください。
TASTING PROFILE
BOUQUET
RUBY GRAPEFRUIT
CANDY
SYRUPY
ROASTER'S COMMENT
ジャスミン、スミレ、ローズなどの香りを繊細かつ複雑に感じ、まるで花束のような印象を与えてくれます。
明るく甘い酸質はルビーグレープフルーツを思わせ、シロップのような質感とともに、トロピカルな印象も感じることができます。
色とりどりのキャンディのように様々な味わいが広がるとても賑やかで楽しげなコーヒーです。
関連の読み物
ウォッシュトプロセスとは?
商品情報
【内容量】100g(100gあたり約5-7杯分です)
【焙煎度合い】浅煎り
【取扱店舗】全店、オンラインショップ

おいしい淹れ方はこちら!

□保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
□使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がりください。
□コーヒーは粉砕しますと風味が落ちます。出来る限り飲む直前にお挽きすることをおススメします。
コーヒーミルをお持ちではない方はこちらの商品もご確認ください
□焙煎量により発送が遅れる場合があります(1〜2日)

オススメ商品

売れ筋商品

挽き目
豆のまま
中挽き
その他(備考欄記入)
猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。