ケニア / ニエリヒルAB

販売価格
920円(税込993円)
挽き目
購入数

商品説明

Kenya/Nyeri Hill AB
ケニアのニュークロップが届きました!
フルーティで甘い印象の浅煎りシングルオリジン。
ブラッドオレンジ、黒糖、パイナップルを思わせるフレーバー。
滑らかな口当たりと甘い香りの後味の余韻。
DATA
【生産国】ケニア共和国(Kenya)
【地域】中央州 ニエリ県 ニエリ(Nyeri,Nyeri,Central Province)
【農園】ニエリヒル(Nyeri Hill)
【標高】1,800〜2,200m
【生産処理】ウォッシュト/アフリカンベッドでの乾燥(Washed/Dried on African Bed)
【品種】SL34、SL28
TASTING PROFILE
Blood Orange
Pineapple
Brown Sugar
Sweet Finish
ABOUT
ケニアのニュークロップのご紹介です!
このコーヒーは2018年の末に、社長の大塚がケニアにて買い付けたロットのひとつです。

ケニアの中でも素晴らしいコーヒーが作られるケニア山の周辺地域のひとつ、ニエリという地域のコーヒーです。
数百名の小規模生産者が「ウォッシングステーション」と呼ばれる農協にチェリーを持ち込んで生産処理することが多いアフリカの産地ですが、このコーヒーは「エステート」といわれる単一農園のコーヒーです。
ニエリは土壌と標高、そして平均気温をはじめとする環境に恵まれた、世界的に見ても素晴らしい環境にある産地のひとつです。
伝統的に「明るい酸味、ブラックカラントとチョコレートのフレーバー、フルボディ」のコーヒーが作られるといわれ、非常に人気があります。

ニエリヒルのコーヒー栽培面積は1,415haとかなり大規模で、敷地の総面積は3,250haにもなります。
どうしてこれほどの土地があるのかというと、この農園を含めた土地が、もともとカトリック教会の所有物だからだそうです。
そのため敷地の中には病院や学校、教会といった公共の建物はもちろん、酪農、フルーツ、お茶の畑まであるそうです。
1604年に病院として始まったのを起源とし、コーヒーは1914年から栽培が始まりました。
栽培から生産処理までひとつの農園で完結するので、スペシャルティコーヒーにおいて重要な品質管理の面では大きなアドバンテージがあります。

ケニアはいままでウォッシングステーションのものが多く、長期間の付き合いをしようとしても責任者の交代で連携がうまくいかなかったり、品質そのものが安定しなくなったり難しい面がありました。
もちろんウォッシングステーションのコーヒーにも素晴らしいものはありますが(そして買い付けしていますが)、こういった大きな農園と継続的に取引をすることは、私たちのようなコーヒー屋さんにとって、品質のいいコーヒーを継続的に手に入れることができる大きなメリットがあります。

ケニアのスペシャルティコーヒーにだけ感じられる特別なフルーツフレーバーには、高い標高、火山のもたらす豊かな土壌のほかに、品種にもその秘密があります。
ほかの産地に比べて気温が高く乾燥したケニアの気候に合わせて品種改良された「SL」と、それを使って作られた「ルイル11」「バチアン」といった耐病性品種です。
テロワールと品種には相性があり、マッチした場合に素晴らしい風味が生まれる、というのが近年のスペシャルティコーヒーにおいての通説になってきていますが、まさにその相性の良い組み合わせの一つを味わえるのが、ケニアのスペシャルティコーヒーのいちばんの魅力でしょう!

世界的に見ても稀有なフレーバーが感じられるケニアのシングルオリジンを、ぜひお楽しみください
商品情報
【内容量】100g(100gあたり約5-7杯分です)
【焙煎度合い】浅煎り
【取扱店舗】全店、オンラインショップ

おいしい淹れ方はこちら!

□保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
□使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がりください。
□コーヒーは粉砕しますと風味が落ちます。出来る限り飲む直前にお挽きすることをおススメします。
コーヒーミルをお持ちではない方はこちらの商品もご確認ください
□焙煎量により発送が遅れる場合があります(1〜2日)

オススメ商品

売れ筋商品

猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。