【中煎り】ブルンディ / ムパンガ ナチュラル

販売価格
920円(税込993円)
挽き目
購入数

商品説明

Burundi/Mpanga Natural
完熟フルーツを思わせるユニークなフレーバーが魅力の、中煎りシングルオリジン。
ドライフルーツ、キャラメルを思わせるフレーバー。
ほどよい重量感を感じる滑らかな口当たり。


DATA
【生産国】ブルンディ共和国
【地域】カヤンザ県 カブィエ ムバンガ
【生産処理場】ムパンガ・ウォッシングステーション
【標高】1,750m
【生産処理】ナチュラル
【品種】ブルボン



MEMO
アフリカでは非常に珍しいナチュラルプロセスのコーヒーです。
ブルンディのほとんどの生産者は大変小規模で、そのためコーヒーチェリーを「ウォッシングステーション」と呼ばれる生産処理場に持ち込み、ひとつのロットが作られます。
このコーヒーは、標高1,750mに位置するムパンガ地区の230名の小規模生産者によって納められたコーヒーチェリーを使用し、ムパンガ・ウォッシングステーションが生産処理をしたロットです。
ムパンガ・ウォッシングステーションは、2014年ブルンディ・カップ・オブ・エクセレンスで優勝した経歴があります。

生産者は自分のチェリーを納める処理場を自由に選ぶことができますが、基本的には自分たちの生活圏にある処理場に持ち込むことが一般的です。
ブルンディは小高い丘が人々の生活圏になっており、その丘の名称が地域の名称となって、今回のようにコーヒーのロットの名称としても使われています。
同ステーションでは、2014年のカップ・オブ・エクセレンスでの優勝以来コーヒーチェリーを持ち込む新しい生産者が増えており、生産地区(現地では丘と呼び、丘ごとに名前が付けられている)や収穫時期ごとなど、年々ロットの細分化が進んでおります。

ブルンディのスペシャルティコーヒーは、およそ1,800m前後の高地で、火山性の豊かな土壌という、恵まれたテロワールで栽培されます。
品種は主にブルボン種、収穫量は多くなく病気に弱いので手がかかる品種ですが、そのかわりテロワールの良い場所では素晴らしい風味のコーヒーを作れます。
ブルンディのスペシャルティコーヒーの特徴は、豊かなボディと滑らかさ、ダーク系フルーツを思わせるクオリティの高いアシディティの質です。

数十から数百の小規模生産者が、近隣のウォッシングステーションにチェリーを持ち込む、という形で作られるブルンディのコーヒーは、過去にはそれらすべてをまとめて、そのステーションのロットとして流通していましたが、近年では地域(丘)ごとのロットに分けて管理されたり、今回のように新しいプロセスに取り組むようになってきています。
特に今回はそれをナチュラルプロセス(コーヒーチェリーの状態のまま乾燥させる)で処理した、かなり珍しいコーヒーとなります。
ブルンディ独自の魅力に加えてナチュラルプロセス由来のフレーバーがあり、ブルンディのコーヒーの可能性を感じさせるユニークなフレーバーが特徴です。
この機会にぜひお楽しみください。


Tasting Profile
Dried Fruits
Caramel
Round Mouthfeel
Bodied
Sweet Finish


【取扱店舗】全店、オンラインショップ


おいしい淹れ方はこちら!

□内容量:100グラム(5-7杯分)
□できるかぎり焙煎日の新しいものを発送いたします。
□出来る限りお早めにお召し上がりください。

オススメ商品

もっと見る

売れ筋商品