【中煎り】コスタリカ / シンリミテス レッドハニー


Costa Rica/Sin Limites RH
爽やかで独特の甘みのある、中煎りシングルオリジン。
レッドアップル、チェリー、キャラメルを思わせるフレーバー。
心地よい滑らかさと、甘みの残る後味のコーヒーです。


DATA
【生産国】コスタリカ共和国
【地域】ウエストバリー ナランホ ロウルデス(West Valley,Naranjo,Lourdes)
【生産処理場】シン・リミテス
【農園】エマヌエル(Emmanuel)
【標高】1,600m
【生産処理】レッドハニー(Red Honey)
【品種】ヴィジャサルチ(Villa Sarchi)



MEMO
「シンリミテス」とは、農園の名前ではなく、このコーヒーが生産処理された「マイクロミル(コーヒー加工場)」の名前です。
コスタリカでは比較的小規模な生産者の持つ生産処理場のことをマイクロミルと呼びます。
基本的には生産者所有の農園のコーヒーを加工するための処理場ですが、近隣の、生産処理場を持たない生産者のコーヒーの生産処理を請け負うこともあります。
コスタリカのスペシャルティコーヒーは、この「マイクロミル」と共に歩んできたといっても過言ではありません。

もともとコスタリカは「メガミル」と呼ばれる、多国籍企業の作った大規模な生産処理場に生産者がチェリーを持ち込み、それをまとめて処理して、自社のブランドでコーヒーを販売する、という仕組みでした。
しかし2006年からコスタリカでも始まった高品質コーヒー品評会プロジェクト「カップ・オブ・エクセレンス(以下COE)※2006年はコセチャ・デ・オロ」において、メガミルのコーヒーはほとんど入賞せず、小規模ながら自前の生産処理場を持っている生産者のコーヒーが多く入賞したのです。
COEに入賞すると、入賞の名誉はもちろんですが、通常のコーヒーの数倍から数十倍の価格で取引されるため、当面の生活はもちろん、将来のコーヒー生産においてポジティブに働くことは想像に難くありません。
実際にその結果を受け、コスタリカでは生産者やその親族、また近隣の生産者と共同でコーヒーを加工する小規模な生産処理場の創設が相次ぎました。
これを従来のメガミルと対比する意味で「マイクロミル」と呼んでいます。

マイクロミルがスペシャルティコーヒー生産に与えた影響は、非常に大きいものでした。
「自分たちで作ったコーヒーを、自分たちで生産処理して、自分たちの名前で売る」、日本で暮らす私たちにはなかば当然と思えますが、長らくそれが当たり前でなかったコーヒーの世界では、より高品質コーヒー生産に向けた機運が高まりました。
スペシャルティコーヒー生産には一貫した品質管理が非常に重要ですが、マイクロミルはその品質管理において、大きくプラスに働きました。
その結果生まれてきたのが、「ハニープロセス」と呼ばれる生産処理方法の、さまざまなバリエーションです。

もともとコスタリカでは、コーヒーの生産処理で出る排水をきちんと処理しなかったせいで環境汚染問題が起こり、たくさんの排水が出る水洗処理(フリィウォッシュト)をすることができなくなっていました。
その代わりに発明されたのが、ハニープロセスという生産処理方法です。
果肉を除去したコーヒーをもう一度別の機械にかけ、パーチメント(生豆の外側の殻)についたムシラージ(パーチメントを覆う粘液質)を擦って除去するこの方法は、水洗式に比べて排水が少ないのが特徴で、ハニープロセスはコスタリカの主流の生産処理になりました。
この生産処理のもうひとつの特徴が、そのヌメリを除去する割合を、機械の調整によって、任意に調節可能な点です。
高度な品質管理が可能なマイクロミルと、風味の調整が可能なハニープロセス、これによってバイヤーと生産者の関係性に革命が起こりました。
品質を理解できる生産者は、バイヤーの求めに応じて、様々なハニープロセスのバリエーションに挑戦できるようになったのです。

例えば今回ご紹介するレッドハニープロセスは、ムシラージの除去率がおよそ20〜50%のものをいいます。
ムシラージが多めに残っていることで、乾燥パーチメントの色が赤みを帯びた茶色になることから、レッドハニーと呼ばれています。
ムシラージを残して乾燥させることで、独特のフルーティー感が生まれ、フレーバーに魅力のあるコーヒーになることが多いです。
シンリミテス・マイクロミルのオーナー、ハイメ氏は、コスタリカの数あるマイクロミルの中でも、初期の頃から頭角を現していた生産者です。
このミルがあるのは、首都サンホゼから120kmほど西にある、ウェストバリーという地域。
コーヒーの栽培地がある標高は1,600m前後と、標高の高い地域です。

シンリミテスのコーヒーのユニークなところは、キャラメルやブラウンシュガー(黒糖)を思わせる甘みが、毎年一貫して感じられるところです。
ハイメ氏のコーヒー生産にかけるこだわりは芸術的といわれるほどで、丁寧な仕事とコーヒー生産にかける思いは並大抵ではありません。
シンリミテスのコーヒーを買い付けるバイヤーの中には、「ここのコーヒーを全量買い付けるのが夢」という人もいるくらい、素晴らしい仕事をする生産者です。
まさに「シンリミテス味」といえる特徴的な甘みを、ぜひお楽しみ下さい。。



Tasting Profile
Red Apple
Cherry
Caramel
Creamy Mouthfeel


【取扱店舗】全店、オンラインショップ

【スタッフがおすすめする飲み比べ!】
【浅煎り】ボリビア アラシ―タス ナチュラル
コスタリカ シンリミテスでお楽しみいただける豊かな風味はコーヒーの生産処理による所がおおきいです。
ボリビアアラシ―タスはナチュラルプロセスと呼ばれる、シンリミテスとはまた異なった生産処理によって生まれたコーヒーです。
生産処理による味わいの違いを是非お楽しみください。


おいしい淹れ方はこちら!

□できるかぎり焙煎日の新しいものを発送いたします。
□出来る限りお早めにお召し上がりください。
販売価格
840円(税込907円)
挽き目
購入数

オススメ商品

もっと見る

売れ筋商品