【深煎り】インドネシア/マンデリンG1

販売価格
840円(税込907円)
挽き目
購入数
Indonesia/Mandheling G1
ユニークなフレーバーのある、深煎りシングルオリジン。
ダークチョコレート、スパイスを思わせるフレーバー
ウィスキーにあるスモーキーな香り、程よい重量感ときれいな後味。


DATA
【生産国】インドネシア共和国
【地域】スマトラ島北部
【農園】複数の小規模生産者の集積ロット
【標高】1,200m〜1,400m
【生産処理】スマトラ式



MEMO
深煎りの定番のマンデリンは、昔からコーヒー好きの中ではファンの多いコーヒーです。
今回のロットはスマトラ島北部の地域を中心とした、小規模生産者の集積ロットになります。
東南アジアのスペシャルティコーヒーの生産量はあまり多くありません。
理由としては栽培標高が高い場所が少ないのと、過去のサビ病被害によって、カネフォラ種(ロブスタ)の生産が主流になっているからです。
またコーヒーを乾燥させる時期に雨が降りやすく、コーヒーの品質において非常に重要な乾燥がうまくいきにくいのも理由のひとつに挙げられます。

インドネシアのコーヒーがユニークなのは、やはり「スマトラ式」という生産処理(乾燥)から生まれると思われる、独特のフレーバーでしょう。
スマトラ式とは、乾燥が半分程度終わったところでパーチメントを除去し、仕上げの乾燥を行う、インドネシアで考えられた生産処理です。
コーヒーを乾燥させる時期に雨が降りやすく、乾燥にかかる時間を短くするために考えられた乾燥方法で、この乾燥方法によって深い緑色になった生豆には、独特のフレーバーが備わります。
「アーシー(良い意味で土のような)」「スパイシー」「スモーキー(煙ではなく、ウィスキーにあるようなスモーキー)」といったフレーバーは、あまりほかの生産国のコーヒーには感じられません。

ユニークなプロセスによって生まれたユニークなフレーバーを、ぜひこの機会にお楽しみください。



Tasting Profile
Dark Chocolate
Spicy
Smokey
Bodied


【取扱店舗】全店、オンラインショップ

【おススメの器具】
Drippen

おいしい淹れ方はこちら!

□内容量:100グラム
□できるかぎり焙煎日の新しいものを発送いたします。
□出来る限りお早めにお召し上がりください。

オススメ商品

もっと見る

売れ筋商品