いつでも誰でも安心して楽しめる〈ディカフェ〉を日常に

欧米では一般的でしたが、健康志向などから日本でも人気が高まっている〈ディカフェ〉。〈ディカフェ〉とはカフェインを取り除いた、いわゆるカフェインレスのコーヒーです。カフェインには覚醒効果やリフレッシュ効果がありますが、働きが強すぎることも。妊娠中や授乳中の女性、刺激を避けたいお年寄りや子どもはもちろん、胃腸の不調時や就寝前でも安心して楽しめるのが〈ディカフェ〉なのです。

カフェイン除去後の豆

では、どのようにしてコーヒー豆からカフェインを取り除くのでしょうか? コーヒーの良さが失われてしまうのでは……という心配があるかもしれません。だからこそ、大切なのが処理工程と豆の質。方法はいくつかありますが、採用されているのは「スイスウォータープロセス」と呼ばれている抽出法。カナダのバンクーバーにあるスイスウォーター社で行われています。
抽出にはカフェインが水溶性であることを利用。生豆を水に浸け、カフェインなどのコーヒー成分を溶かし出します。その水を、カフェインを通さない特殊な「カーボンフィルター」に通過させます。そうしてカフェインのみを除去し、コーヒー成分が残っている水を再び生豆に浸け、成分を豆に戻していくのです。

カフェイン抜きでも変わらぬ美味しさ

「豆のおいしさを損なわないようにゆっくりと処理して、味やフレーバーを戻していきます。手間も時間もかかりますが、この工程が大事。そして、薬品などは使わない100%ケミカルフリーなので安心です」と、品質管理ディレクターの都築尚徳さん。
「もちろん、原料の豆も厳選しました。今はエルサルバドルの農家さんの豆を使っています。実は最初、農家さんたちからはディカフェ使用に対して反発がありました。でも、品質の高い豆でなければ意味がありません。私たちは“おいしいからこそディカフェにしたい”と伝えました。“ディカフェであってもきちんとおいしい”ということが一般に定着すれば、市場もさらに活性化していきます」

エルサルバドルの農家からスイスウォーター社を経由して届いた生豆は緑というよりも、少し青みがかったグレーに近い色。通常のコーヒー豆と同様に丁寧に焙煎します。まろやかな口当たりと優しい味わいで、スペシャルティコーヒーらしさもしっかりと感じられるのが猿田彦珈琲の〈ディカフェ〉。店頭や通販では、お子様でも安心の〈カフェオレのもと〉や手軽に楽しめる〈ドリップバッグ〉などもご用意しています。ぜひお試しください!

check
猿田彦珈琲のディカフェ ドリップバッグ
100% ケミカルフリーを実現したスイスウォータープロセスによるカフェインレスコーヒーをドリップバッグにしました。どうしてもカフェインが気になる方や、夜は寝られなくなるけどコーヒーは飲みたいという方にもオススメです。
詳細はこちら
トップに戻る
猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。