水出しアイスコーヒー with iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー

水出しアイスコーヒーとは?

水出しアイスコーヒー、最近のコーヒー屋さんでは「コールドブリュー(Cold Brew:冷たい抽出)」と呼ばれることもあるこのコーヒーは、通常はお湯でコーヒーを抽出するところ、水で抽出したコーヒーのことをいいます。


水出しアイスコーヒーの味の特徴は、簡単にいうと「すっきりしている」感じです。水はお湯に比べてコーヒーの成分を溶かし出す力が弱いので、香りの印象や酸味・苦味の印象が弱くなる傾向にあります。 コーヒーの成分を溶かし出す力が弱いので時間をかけてゆっくり抽出することが必要なのですが、それによって滑らかな質感や甘みはきちんと抽出されるので、「すっきりしているけれど、滑らかで甘みとほのかな香りのあるコーヒー」を作ることができます。

水出しコーヒー器具:iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー

2007年グッドデザイン賞受賞、インテリアとしても良いルックスですね。

ご家庭で水出しアイスコーヒーを作ろうとお考えの方は、まずはこの器具が使いやすいと思います。 特徴は水タンクに空いている微小な穴です。 これによってコーヒーの抽出速度が調整され、ちょうど良い濃さのコーヒーを抽出することを可能にしています。

ウォータードリップサーバーで淹れる水出しアイスコーヒーのレシピ

・コーヒー(中細挽き):40g
 いつものペーパードリップ用よりも少し細かくしてあげるとよいです。

・水:400ml
 なんでもよいですが基本的には軟水の浄水、もしくはミネラルウォーターでもよいです。
 ただし冷蔵庫で冷やしたものよりは常温のものの方が、コーヒーの味は出やすいです。

1.フィルターにコーヒー粉を入れる

フィルターに刻まれている線より上になると水があふれるので気をつけてください。

2.コーヒー粉に満遍なく水を染み込ませる

フィルターを破らないように気をつけてください。

40ml程度の水を3回くらいに分けて注ぎ、コーヒー粉をスプーンやマドラーなどで混ぜて、コーヒー粉が満遍なく水を含んだ状態にします。 その状態ができたら表面を平らに均して、サーバーにセットします。

3.タンクをセットして水を400ml注ぎ、待つ

水は常温のもので、じゃばっと注いでしまってOKです。 タンクの微小な穴によって点滴状態になって水が落ちてくる状態が確認できたら、およそ2〜3時間でコーヒーができあがります。

抽出される様子を眺めるのも一興ですね。

できあがったコーヒーはフタをして冷蔵庫で保管すれば、1〜2日は美味しく召し上がっていただけます。 適量の氷を浮かべてストレートで楽しむもよし、牛乳を入れてカフェオレにするもよし、色々な飲み方を楽しんでみてください!

水出しアイスコーヒーにオススメのコーヒー

なんでもいいんですが(笑)、ある程度好みによってオススメのコーヒーがあります。

・苦味が好きな方:クラシックフレンチ、猿田彦フレンチ

 迷ったらまずはこのどちらかからお試しいただくのがよいと思います。
 クラシックフレンチ
 猿田彦フレンチ

・香りがある方が好きな方:深煎りシングルオリジン

 地味にオススメなのはこちらです。
 特に深煎りのケニアはぜひお試しいただきたい逸品ですね。
 ケニア/キリマラAA

・苦味が少ない方がいい方:浅煎りシングルオリジン

 紅茶やフルーツティーがお好きな方は、きっと気に入っていただけると思います。
 エチオピア/イルガチェフェ テスファエ・ロバ ナチュラル

コーヒーの香りを出したいなら水は常温にしておくのをオススメしますが、よりすっきりした感じがお好みなら冷蔵庫で冷やした水を使ってもOKです。 あまり細かく挽いた粉を使うとフィルターが詰まってドリップできないことがあるので気をつけてください。

お手入れは水タンクとフィルターの扱いに注意してください。 フィルターは薄くて弱いですが、きちんと洗わないと目詰まりを起こすので丁寧に洗い流し、色が目立つようなら酸素系漂白剤でつけおき洗いするとよいでしょう。 タンクは穴を塞ぐ危険があるので、タワシなど削るような洗い方は避けましょう。

この夏はぜひお好みのコーヒーで、水出しアイスコーヒーを試してみてはいかがでしょうか。
 

001

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバーはオンラインショップでご購入いただけます。





関連商品

 
 
 



 




オススメ商品

売れ筋商品






猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。