猿田彦珈琲の美味しいコーヒーの淹れ方

◎抽出の目安(ペーパードリップの場合)

1杯(180cc) あたり12g(深煎りの時は19g)の粉を使います。まずは3分ほどで抽出してみましょう。
杯数を増やす時には8gずつ粉をプラスします。 濃さが欲しい時は1杯あたりに2gをプラスしてみましょう。

淹れはじめてから1分30秒まではゆっくりと、それから徐々に注ぐ量を増やしていきます。
最後はドリッパーの中のエキスを注ぎ切らないようにするのがコツです!

◎淹れ方のコツ

お湯の温度が高いと鮮やかなフレーバーを感じられます。
少し低めの温度ですとマイルドな風味になります。
粉の量が少なめですと繊細な味わいが楽しめます。
粉の量を多くすると力強いテイストを楽しめます。
中挽きより細かいと濃く、粗いとすっきりした味になります。

 

猿田彦珈琲では・・・
コーヒー豆の煎り具合によって粉の分量や抽出時間を変えています

*深煎りの場合(ex. 猿田彦フレンチ)

180mlの抽出に19g使用します。抽出時間は3分20秒を目安に。
こうすることでしっかりビターで豊かなボディ感を表現しています。

*中深煎りの場合(ex. 恵比寿マイルド)

180mlの抽出に12g使用します。抽出時間は2分30秒を目安に。
バランス感が大切なので抽出成分を豊かに、でもたっぷりすぎない感覚を目指しています。

*中煎りの場合(ex. シングルオリジンなど)

180gの抽出に12g使用します。抽出時間は2分30秒。
クリーンで軽やか、フルーティな感覚を目指します。あまり重たくならないようにフレーバーを意識して。

猿田彦珈琲×LINE

猿田彦珈琲オンラインショップ
LINE公式アカウント

新商品や最新情報はもちろん、
友だち限定のお得情報をお届けしています。

>