【シン・レッド・ラインシリーズ】パナマ/ママカタ・ゲイシャ・ハニー

Mama Cata/Geisha Honey

特徴
浅煎り
希少品種「ゲイシャ」のハニープロセス。
華やかな香りとフルーツの風味の浅煎りシングルオリジン。
フローラル、赤ワイン、トロピカルフルーツを思わせるフレーバー。
丸みを感じる滑らかな口当たり、豊かな甘み。

Tasting Profile
Geisha
Tropical Fruits
Winey
Round Texture
Very Sweet


情報
【生産国】パナマ共和国
【地域】チリキ県 ボケーテ地区 アルト・キエル
【農園】ママ・カタ(カンテラ区画)
【標高】1,300〜1,457m
【生産処理】ハニー
【品種】ゲイシャ

メモ
ママ・カタ農園は、パナマのコスタリカ国境に接するチリキ県、ボケーテにあります。
この地域にはバル―火山という火山があり、その周辺地域でコーヒーが栽培されています。
ボケテのコーヒーはパナマの中でも非常に品質が高いコーヒーが作られる場所として知られ、特に希少品種である「ゲイシャ種」のコーヒーは、世界で最も知られているコーヒーといえます。
ママ・カタ農園は国立環境保全エリアに隣接しており、多くの植物原種、野鳥、野生動物の宝庫で、自然環境とコーヒーの生産がほぼ完全に融合している、模範的コーヒー生産エリアとしても世界的に知られています。

シン・レッド・ラインシリーズとは
猿田彦珈琲が扱うコーヒーの中でも特に素晴らしく
市場へ出荷されることも少ない、希少性の高い限定のコーヒー豆を揃えたラインナップです。
通常取り扱うコーヒー豆よりも、更に浅煎りにすることで豆の個性を最大限まで引き出しています。
コーヒーの見識を更に広めたい方や、贈り物を考えている方にもオススメです!


【内容量】100g

【おススメの器具】
Drippen
ハリオV60
おいしい淹れ方はこちら!

□出来る限りお早めにお飲み下さい。
販売価格
3,150円(税込3,402円)
挽き目
購入数