【浅煎り】ブラジル/2016ナチュラルCOE#1 グアリロバ

ブラジル/2016ナチュラルCOE#1 グアリロバ
Brazil/2016 Natural COE#1 Guariroba


特徴
2016年カップ・オブ・エクセレンスのナチュラル部門優勝コーヒー。
華やかで複雑な風味の浅煎り。
フローラル、トロピカルフルーツ、赤ワインを思わせるフレーバー。
きめ細かく滑らかな口当たり、すっきりした後味。

情報
【生産国】ブラジル連邦共和国
【地域】ミナス・ジェライス州 スル・デ・ミナス サント・アントニオ・ド・アンパーロ
【農園】グアリロバ
【標高】1,100m
【生産処理】ナチュラル
【品種】イエローカトゥアイ

MEMO
生産者のオメロさんは、この地域でのコーヒー生産における第5世代にあたり、
生まれ育った場所にてスペシャルティコーヒーの生産に特化したご自身のコーヒー農園を始めました。
オメロさんの叔父さんであり、現在90歳のフェルナンド・パイヴァさんは、
サント・アントニオ・ド・アンパーロ地域での良質なナチュラルプロセスコーヒーの生産に大きな可能性を感じ、
1940年代に品質にフォーカスしたコーヒーの生産を始めました。
この地域では現在、すばらしいナチュラルプロセスのコーヒーが生産されています。
それを牽引しているのが、グアリロバ農園も所属するサン・コーヒーグループです。

今回ご紹介するこちらの優勝ロットは、サン・コーヒーグループに所属する農園において行われているナチュラルプロセスのひとつ、
ラド・ア・ラド(side by side)式を採用し、ナチュラルプロセスを行っています。
ラド・ア・ラド式では、収穫は手摘みにて完熟チェリーのみが収穫され、その後すぐにパティオに運ばれます。
パティオに運び込まれたチェリーは、すばやく水分を抜いて不要な発酵を避けるために、
チェリーを薄い層にして並べ(side by side)、パティオで3日間乾燥させます。
その後チェリーを少し厚い層にし、5〜7日の間、1日に10回程度丁寧に撹拌をします。
最終乾燥工程では、水分子がコーヒー豆の細胞に強く結合しているので、
ゆっくりと水分を抜く必要があるため、37度以下で機械乾燥を行っています。

【おススメの器具】
Drippen

おいしい淹れ方はこちら!

□保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
□使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がりください。
□コーヒーは粉砕しますと風味が落ちます。出来る限り飲む直前にお挽きすることをおススメします。
コーヒーミルをお持ちではない方はこちらの商品もご確認ください
□内容量:100g
販売価格
3,600円(税込3,888円)
挽き目
購入数