【深煎り】インドネシア/ワハナ・ハニー

インドネシア/ワハナ・ハニー
Indonesia/Wahana Honey


特徴
深煎り
深煎りマンデリン。
インドネシアでは大変珍しいハニープロセス。
ビターチョコレート、ダークチェリーを思わせるフレーバー。
丸みのある心地良い口当たり、ほのかに甘みを感じる後味の余韻。

深煎りながら液体に甘みを感じられる、マンデリン好きな人の新しい扉が開くコーヒーです。

情報
生産国:インドネシア共和国
地域:スマトラ島、北スマトラ州、シディカラン
農園:ワハナ
標高:1,200m〜1,300m
生産処理:ハニープロセス
品種:ラスナ


メモ
トバ湖周辺地域のシディカランにある、ワハナ農園の農園のラスナ種、ハニープロセスのコーヒー。
ラスナ種は主にインドネシアで栽培されている、カモチール種とティピカ種の交配種で、
カチモールの高い収量と、ティピカの永い寿命の特徴が組み合わされています。

スマトラ島の一般的な小規模生産者は、所有する小さな農園に複数の品種を植え、
それらを一緒に収穫し、さらに複数の生産者のコーヒーを合わせひとつのロットにします。
そのため、単一品種のみで栽培し生産処理を行うことは大変珍しいことです。


【おススメの器具】
コレスゴールドフィルター
ハリオV60
おいしい淹れ方はこちら!


□できるかぎり焙煎日の新しいものを発送いたします。
□出来る限りお早めにお飲み下さい。
販売価格
920円(税込993円)
挽き目
購入数